相続税の申告の方法について

相続税はどんな時にかかるのでしょうか


相続税と言う言葉を耳にすることは多いでしょう。もし遺産を相続することになったら、税金がかかってくる可能性があることは、大抵の人なら知っていることです。
しかし、お金持ちの家にだけ関係があるのだろうと思っていたり、両親の遺産の額について詳しく知っていることも少ないため、普段意識する人はあまりいないのではないでしょうか。
もし親が亡くなったとしても、その遺産が少なく課税対象とならないこともあります。ですが家を持っていたり、預貯金の額によっては一般人でも相続税を払わなければいけないケースが多々あります。申告を忘れていたり、申告しなければいけないことを知らなかったりしてしまうと、後から多額の税金を払わなければいけなくなります。


相続税の申告はどうやってするのでしょうか


次に、相続税の申告の方法について説明します。
まず、父親が亡くなったと仮定しましょう。
相続する預金や家がある場合は、基本的に申告する必要があります。基礎控除内でおさまった場合は申告の必要はありませんが、分からない場合もあるでしょう。そのような時には税務署に確認してから判断することが大切です。
まず、父親が亡くなった時に住んでいた地域の税務署に、相続税の書類を提出する必要があります。自分が住んでいる地域ではありませんので注意が必要です。
申告や税金を納めることができる期間には期限がありますので、なるべく早めに提出しておく方が良いでしょう。期限は原則として、相続の開始を知った日から10ヶ月以内となります。