相続税の申告の対策としてやること

相続税対策で出来ること


相続税の申告の対策というのは、いくつかあります。つまりは、その前に節税をすることです。相続税、というものは、意外と簡単に対策することができるようになっていますから、もし、対策が必要なのであれば、贈与から始めてみることです。年間、百万円であれば、問題なく贈与することができるのです。言うまでもありませんが、相続人に渡すことが出来ます。つまりは、子供がいるならば、子供に渡すことができるのです。これは生まれた瞬間からやることができます。つまりは、子供用の口座を作って、そこに年間百万円、振り込み続ければよいのです。そうすることによって、相続税の発生しない財産として渡すことができるのです。これはかなりよい方法であるといえますから、覚えておくことです。節税というのは、決して悪いわけではないのです。


マンション経営をすること


相続税対策でマンション経営をする人がいます。マンション経営で利益が出ている、といってもそれはまだ投資額を回収していない、ということが多いです。ですから、むしろ、損をしていることがあります。損というのは、まだ利益が出ていない、ということです。そして、そのときの損失は所得税に転化することができます。更には最終的に相続させる財産を目減りさせることができます。これが、節税、ということになります。これは別に脱税ではありませんから、それは気にしなくてよいです。特にサラリーマンはマンション経営をすることが節税対策になるのです。評価価値が下がるのは大きいです。仮に数千万円を相続するとしても現金とマンションでは評価が違うのです。